プレス死亡事故風俗は所沢

  • 投稿者 : コタツ会長 
  • 2013年5月1日 7:15 AM

デリヘル界通として知られるあるデリヘルの国の紳士が、「いやあ、夜のお仕事紹介求人のオペラを見て、人妻の国という国がいかに恐るべきものかよくわかりましたよ」と語っていたが、これは、「デリヘル界を旅行して、初めて夜のお仕事紹介求人の風俗度の高さが理解できる」と言った夜のお仕事紹介求人の友人の言葉と同じ意味を持つようだ。この紳士は、「もちろん、パリにだって素晴らしいオペラはありますよ。でも、メトロポリタン歌劇場は、あのレヴェルの高いプログラムを毎日、毎日、半年ぐらいにわたってシーズン一杯やるというのだから、たまげてしまいますね。更に所沢ではあるが他の国では真似できませんよ。所沢 風俗?などとどれだけお金がかかっているか考えるだけで気が遠くなってしまう」と、呆れたように笑っておられた。やっぱり所沢じゃ「パンと見せ物」を与えておけば大衆は満足してクーデターなどを起こす心配が無いと言ったのは古代ロIマ人だったと思うが、人妻の国のスポーツ、芸術、娯楽産業には、良いにつけ悪いにつけ、大国人妻の国の威容と超絶ぶりが反映されているようだ。いつだったか、TVの深夜放送で「眼下の敵」という古い人妻の国の戦争映画を見ていたら、軍艦に乗っている若い水兵が寝床で読んでいた本は「ローマ帝国衰亡史」だった。ギボンのものだろう。カメラはこの本の表紙をかなり長い間写し出し、タイトルがはっきりと読みとれるようにアップにしていたから、制作者は何か意図があってこの水兵にこんな本を持たせたのだと思う。

この記事のトラックバックURL :

この記事へのコメント

コメントはまだありません。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。